2010年07月09日

日本での一般的な霊柩車のスタイル

骨壺の形状は古代以来、およそ丸い。壺は白い布で包み、"金襴張箱"に収容する。また、箱ではなく、"骨袋"と呼ばれる小さな布の袋でいるものもある(主に分骨用)。現代の戦死者のような"白木の箱"にすぎないということもあった。石碑の下のカロウト(唐櫃)に収納したり、骨壺を抜いて骨を埋めることができます。骨壺は腐食なしで半永久的使用が可能なので、寺院の納骨堂や納骨室に安置することが行われる。 局所性西日本では、部分収骨のために骨壺は小さいが、東日本では、骨のすべて対応するために大規模である。なお、琉球からの厨子甕と呼ばれる石、陶磁のが骨壺だった。それ自体が礼拝の対象に堪えうる形を取っている。 霊柩車(れいきゅうしゃ)は、遺体を葬儀場で火葬場(土葬の場合は、墓地)の移動時に使用される特種用途自動車。 霊柩車 上:棺車 下:宮型霊柩車 洋型霊柩車を見る日本では昔には、棺を人間がかついで運んでいたが、後に大八車様なものに乗せて運ぶようになった(このことは、"棺車"と呼ばれる)。次のトラックに棺を入れる宗教的な装飾を施した輿のようなものを乗せて運ぶし、またはそれが自動車と一体化して霊柩車となった。体の色はほとんど黒です。昭和初期の霊柩車は主にアメリカのパッカードを変えることが多かったという。現代(21世紀)の日本での一般的な霊柩車のスタイルは、大阪にあった"駕友"という名前の葬儀屋を経営する鈴木勇太郎が1917年に考案された。 現在の霊柩車の様式は、通常、宮型・洋型・バス型・バン型に分類される。 宮型霊柩車 高級車(キャデラックブロアム・リンカーンタウンカー、トヨタ・クラウンなど)や小型トラックを改造して、宗教的装飾(主に神社と神輿寺院を模したもの)の棺室を設置した霊柩車。棺室は白木と漆塗りのものとがある。また、地域的な偏りが大きく普及しているところはほとんど存在しないのカテゴリに分類される。現在も台数は多いが、余りにも目に過ぎるので、最近嫌いな声が増加したため、宮型霊柩車の運転を拒否している施設も多く、他の、葬儀についての考えが変わったなどで欧米型の車のナンバーを奪われている。
posted by vmrzmmgjdlnpenhrimvv at 15:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。