2010年07月05日

布施の価格基準も登場、葬儀の問題点

日本の葬式の問題通常の葬儀はほとんど発生しないの親族が死亡考えることは縁起が、同じ理由で、一般の人々はどうするかわからないである。 最近では、これらの親族の無知に付け入り膨大な金額の葬儀費用を請求するケースが増加しており(5000円購入された棺を10万円で販売し、300万円の祭壇を1回100万円の貸し出すなどのビジネスモデルが平然とまかりとおっており、場合によっては、収益率が9割に達する場合もある。ある葬儀会社の代表は、"詐欺と同じように見える"と話している。)消費生活センターに相談が提起されている。 葬式の費用は、葬儀本体価格のほか、食品や返礼品などの実費費用が別途必要ですが、事前に参加人数を知らないので、葬儀の打ち合わせ時の見積もり金額が書いていない場合も多い。この場合、申請時に実費費用分が加算されて問題になりやすい。 互助会に加入している場合も、解約等の問題がある。これは、互助会加入の際に会員獲得のセールスマンが過剰なセールストークを展開してしまい、解約時に一定の手数料を引くこと(掛け金にかかわらず、約3〜5万円)、当時の祭壇によるので、積立金分の割引にしかならない。積み立てたお金をどのような金利がないのが問題の原因を示す。また、解約もスムーズに行われないことができます。事前に説明されていない追加料金を請求する事例がある。 葬儀費用、世界各国との比較日本:231万円、イギリス12万3千円、ドイツ:19万8千円、韓国:37万3千円、米国は44万4千円となっている。 布施の価格基準(葬儀の)イオンが自ら対処する葬儀紹介サービスとして"布施の価格目安"を用意したが、全日本仏教会議などの一部の仏教界が"布施への価格はない。企業の宗教活動に介入した"と反発している。しかし、8宗派の全国600の寺院の協力を得ることになった。今後はこれが『価格』にあの人てしまうことも懸念されているが、消費者の立場から見れば明らかな後世の価格の表現は、ありがたいとの声もある。読経一式("通夜""葬儀""火葬場で読経""初七日") 読経一式+普通戒名(信士信女)、または普通法号= 25万円 読経一式+居士大姉戒名= 40万円 読経一式+院号居士大姉戒名または院号法号= 55万円 直送(火葬場炉読経のみ)+普通戒名(信士信女)、または普通法号= 10万円
posted by vmrzmmgjdlnpenhrimvv at 17:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。