2010年06月30日

日本国内での鳥葬は処罰される

自衛隊の場合には、船員法の条件とは、以下の2条件が他の規定されている。 医師が乗り組む船舶においては、医師が死亡診断書または死体検案書を作っている 伝染病で死亡したときに、感染症法および納骨堂に基づいて発する命令の規定による消毒方法をしている ガンジス川流域ではヒンドゥー教の儀式の一環として実施されている。これは、"ヒンドゥー教が仏教の無常観思想を受け継いでいるため"と話している。 鳥葬(ちょうそう)は、遺体を処理する方法、あるいは葬儀を実行する方法の1つ。 チベット仏教で行われることは有名である。また、パールスィーと呼ばれるインドのゾロアスター教徒も、鳥葬を実施する。 注意:日本国内での鳥葬は、刑法190条死体損壊罪で処罰される。 遺体を解体して、鳥が食べることを容易にする。 遺体を解体しないので、ほとんど原型を維持している。 チベットの葬儀には5種類だという。つまり、塔葬・火葬・鳥葬・水葬・土葬である。このうちの塔葬は、ダライ・ラマやパンチェン・ラマなどの活仏に対して実行される方法であり、一般の人々は、残りの4つの方法が採用されている。チベット高原に住んでいるチベットの人々に最も一般的な方法は、鳥葬である。葬儀に対応する儀式は、魂が解放後の肉体は、チベットの人々に肉を抜け殻にすぎない。その死体を郊外の荒地に設置された鳥葬台に選択します。それを裁断し、断片化されたハゲワシのような鳥を食べる。これは、体を断片化することで血のにおいを漂わせ、鳥が食べやすいようにして、骨などの食べ残しがないようにするために実施するものである。 宗教上は魂の抜けた体を、"天へと送り届ける"のための方法として行われており、鳥を食べることはその手段にすぎない。
posted by vmrzmmgjdlnpenhrimvv at 16:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。