2010年07月07日

インターネット墓と呼ばれるサービス

亀甲墓(沖縄) 山の中に立ち並びする石碑軍はまた、日本でも沖縄では、亀甲墓(かめこうばかきっこうばか)や破風墓(はふばか、家型の墓)など、中国南部風の、本州と他の墓である。亀甲墓の形状について"人は死ぬと再び母の子宮に戻っていくという趣旨では、子宮を模したもの"という説明がよくとり上げられる俗説である。欧米系の墓は墓所に詳しい。かつて北欧のヴァイキング船型墓を建てていた。 面積では世界最大とされるのは日本の仁徳天皇陵(大仙陵古墳、大阪府堺市)である。 墓を用意することは人類共通の習慣はなく、これを使用していないの民族文化も多い。インドとインドネシアバリのヒンズー教では、遺体を火葬し、遺灰と遺骨を川や海に流し、またはガンジス川で体自体を流して水葬し、墓を用意する。また、墓を用意することと、それに継続的に参拝することは等号はない。キリスト教もかつては教会内部に死者を納め最後の審判の後で復活することを待っていた。 日本では、遺骨を海や墓地公園のようなところで散骨する方法は、最近認められているのに、どこまでも暗黙の域を出ておらず、法律のグレーである。大々的にすると、死体(遺骨)遺棄罪、死体損壊罪、廃棄物処理法違反の問われる可能性はゼロではないので注意が必要である。 インターネットの普及に伴い、日本、中国などは、本来の墓とは別に、ウェブサイト上に仮想的な墓を造り、それでお墓参りに記帳するようにしているインターネット墓と呼ばれるサービスは、専門業者、寺院により運営されるようでもある。 無縁仏を集めて埋めた"三界萬霊塔(さんかいばんれいとう)"と呼ばれる墓である。 日本の墓制(沖縄北海道などの例外あり) 柳田民俗学の解釈とその問題点、改善点日本の墓制は柳田国男の民俗学研究が土台になってきた。柳田系民俗学は、人間の肉体から離れた霊魂の存在を重視したため、遺体を埋める埋め墓(葬地)とは別の人が住んでいる場所の近くに参拝の墓を建設(祭地)、死者の霊魂はそこで祭祀する"両墓制"が日本ではかつては一般的とされる。 (葬地と石塔と隣接しているのが"単墓制"としている。)そのため、遺体を埋葬する墓所はあったが、墓参りなどの習慣はなく、伝統的な日本では全く墓は重視されていないともにある。 しかし、このような墓制には批判が出ている。岩田重則は『「お墓」の誕生』(岩波新書)で、墓制を 遺体の処理形態(遺体か遺骨か) 処理方法(埋葬か非埋葬か) 二次的装置(石塔の建立、非建立) 3つの基準で分類している。 (現在の一般的な"墓"は、"遺骨・非埋葬・石塔建"立型の種類)。
posted by vmrzmmgjdlnpenhrimvv at 15:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。